網膜剥離 <発症編>

2014/9/22~10/9 の18日間、入院してました。

『網膜剥離』

今回の網膜剥離に至った(と思われる)状況を記録しとこうと思います。

**********************************************

去年のはじめごろ、右目の見え方に異常が発生。
白い所を見ると、「砂嵐」が見える。痛みはない。
「砂嵐」のため、視界が悪い。

近所の Y眼科 を受診 ⇒ 「眼底出血」してるので、と K病院 を紹介される。

K病院受診。
あらゆる検査をした。

結果、
「網膜に増殖型の新生血管ができていて、それが破れて出血している」
とのこと。
(眼底写真から、私はスパイダーと名付けたww)

原因は 不明。
病名をつけるとしたら。。。「○ーグル病かな?」と言われた。(名前忘れたww「イーグルスに似た名前」で覚えたんやけどww)

糖尿病の症状の一つに眼底に増殖血管ができるのがあるんだけど、私は糖尿病ではない。
だから、先生も原因はわからない。と言ってた。


その当時は、「出血が止まらなければレーザーで焼きます。」と言われたけど、幸い出血はすぐ止まり、「砂嵐」も徐々に薄くなっていった。
なので、散々検査したけど、治療は何もなく、目薬の一つもなく。。。
通院して様子見。になった。

「砂嵐」は時間とともに無くなり、特に変化もなく、夏ごろには通常に戻った。

*************************************************

ずっと大人しくしてたスパイダー。。。

今年の9月に入ってからやと思うけど、飛蚊症の症状が少し悪化。
今まで2~3個だったのが、急に数が増えた。
だけど、「砂嵐」にはなってないし、そのまま放っといた。

9月中旬ごろ、右目、右下の視野が欠けだした。(痛みはない。)
これは、ヤバい!と思い、

9/20(土) Y眼科 受診。
「眼底出血もしてるけど、網膜が剥がれかかっている」 
「またK病院にいきなさい」
「あ、明日たまたま日曜代診が、以前診てもらった、K病院のK先生が来るので、明日もう一回ウチおいで」
ということで、

9/21(日) Y眼科に行き、K病院のK先生に診てもらった。
K「網膜、剥がれてます。」
K「明日、入院して水曜日手術するので、明日入院の用意して、K病院に来なさい」
私「え!明日ですか? 9/23(火)に用事あるので、9/24(水)入院やったらあきませんか?」
K「失明してもしらんよ。」(バッサリ)
私「・・・わかりました・・・明日行きます・・・」

ということで、ライブをドタキャンすることになったのでした。(T.T)
 
9/22(月)
入院できる準備をして、K病院に行き、またしても色んな検査。

結局、今回の剥離は、スパイダーがまた動きだし、網膜を引っ張って穴があき、そこから剥離。
ということらしい。


私の場合。。。
極度の近視(裸眼では両目とも0.03くらい)
バセドウ病の症状の一つ、眼球突出の後遺症でまだ突出気味。。(だいぶマシにはなったんだけど。。)
なので、眼球がキレイな球体ではないらしい。。
検査でも何人も人が変わってやり直したり。。。
一筋縄ではいかない目らしいです。

今回の手術の説明では、
★網膜剥離は、『裂孔原性網膜剥離に対する硝子体手術』
簡単に言うと、
網膜を引っ張っている硝子体を切除して、網膜裂孔の原因となった網膜けん引をなくし、網膜を眼球壁に接着させる手術。網膜を密着させるために、眼球内にガスを入れて、ガスで剥がれた網膜を壁に押し付け、ひっつくのを待つ。
ガスは約2週間で自然に無くなるので、その間はうつむきで過ごす。
重症の場合は、ガスのかわりにオイルで満たして、数か月かけてひっつくのを待つ。この場合は、数ヵ月後にオイルを抜く再手術が必要。
(私の場合は、ガスでOKだったので、術後はひたすらうつむきでした。)

★この手術と同時に、スパイダーをレーザーで焼く。

★この手術をしたら、後々白内障になる確率が上がるので、今は白内障ではないけれども、白内障手術も同時に行う。
「若い人ならいいんだけど、ある程度年齢がいってると、10年後15年後にまた白内障で手術。ってことになりかねないからね~」
ということでした(^^;;

で、人工レンズをどこに焦点をあわせるか。。。
折角なので、「遠くに合わせてください!」と言った私。
近視が緩和されるはず。。


こうして、出産以来の入院手術という一大イベントが始まったのでした。


********************************************

今回、痛烈に思ったのは。。。

「発症⇒受診⇒診断⇒入院・手術」がとても早くて、スムーズだったので、ほぼ予定通りの入院で済んだ。ということ。
「剥離のスピードは思いのほか早い!」ということ。

私も、一晩で、「剥がれかかってる⇒剥がれてる」になってました。

病院で同室だった人に話をきいてると、つくづく思いました。
その人も網膜剥離で、目に異変を感じたものの、身内の不幸などと重なり、受診したのが、異変を感じてから1週間後。
同じく即入院手術となって、私と同じガス注入の手術を受けたけど、2~3日後に再剥離。
急きょ、オイルを入れる再手術。1か月入院してはりました。
まだオイルは入ったままなので、数ヵ月後にはオイルを抜く再手術が必要。

先生曰く、網膜剥離は要は網膜の傷なので、剥離してから時間が経つとくっつきにくい。

なるほど~~!です。

私の主治医のK先生。
女医さんなんだけど、K病院眼科の副部長さん。
腕は良いんだけど、愛想なくてコワいんです。。(笑)

でも、あの時、「失明してもしらんよ」と言ってくれなかったら、私も延ばしてたと思う。
そう考えると、有り難い!!です。
たくさんの人に迷惑はかけたけど。。


これを読んでくれた皆様も、
『何でも早いに越したことはない!』
ということで、気をつけてくださいね。



手術や術後に関しては、また次に。。。





コメント

No title

先輩、本当にお疲れ様でした。
目って本当に大切だと思います。
記事拝見していると・・怖い・・ですね。
スムーズな流れで入院・オペで本当によかったですね。
白内障のオペも同時になさって、こちらも本当にお疲れ様でした。
術後の見え方など、うまく安定されること祈ってます。
眼瞼下垂も起こりませんように。
どうかお大事になさってください。

Jackeyさん

ありがとう〜♪( ´▽`)

ホントに今回は早い対応が良かったと思います。
目の疾患て、痛くないから放っておきがち。
少しの異変でも、サッサと受診しなあきません。
私も、飛蚊症が悪化した段階で行ってたら、こんな大事にならなかったかも〜(^^;;
と反省してます。

元気な身体があってこそ、好きなことも出来る!
とつくづく思いました(^^;;
お互い身体に気をつけよね(๑•̀ㅂ•́)و✧
Secre

プロフィール

kirara★Naomi

Author:kirara★Naomi
大阪を中心にヴォーカリストとして活動してます。
ベースとSAXも少々(^^)

★Off (ロックバンド)
★Blue Cheeze (アコギと歌の母子ユニット)
★The Pink Peach (サザンロックバンド)
★RAKUDA(AOR,Popsバンド)

その他単発でいろいろ。。で活動中!

音楽や映画、エンタメ大好き。
ジュエリーやGem Stoneなどの光り物も大好き。
わんこ達に癒されてます。

お気軽にコメント残してくださいね(^^)/

Liveの予定
2017年の予定です
★Special Band★
9月17日(土)
@西院陰陽

★The Pink Peach★
10月22日(日)
@別館神戸少年

カテゴリ
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR