The Heavy

最近、気になっているBand 『The Heavy』

「UK南部のバースで黒人ヴォーカル、スワビーとギタリストのダンTを中心に結成された4人組バンド。基本的にザ・へヴィーの楽曲はこの2人によって制作されており、キャリアをスタートさせ、間もなくクリス・エリュール(Ds.) とスペンサー・ペイジ(b.) がメンバーに加わり、現在は脱退してしまった紅一点のリトル・ハンナも加わった当時にはそのサウンドも随分と厚みを増し、現在の形に近くなっていた。
2008年に『Great Vengeance and Furious Fire』デビューすると“まるでカーティス・メイフィールドとレッド・ツェッペリンがセッションしたかのよう”と称され、60~70年代のロック/ソウル黄金時代の普遍的なフレイヴァーをヒップホップ以降の現代の感覚で融合させたグルーヴが絶賛され、瞬く間に多くのリスナーが共鳴した。2009年にリリースされた2ndアルバム『The House That Dirt Built』は本国UKのみならずUSでも大ヒットとなり、15万枚以上のセールスを記録した。
世界的ブレイクを果たした後にリリースされる、3年ぶりとなる最新作『The Glorious Dead』は、これまで披露してきた重厚かつ圧巻のグルーヴはさらに黒くなり、サイケ、ファンク、ヴゥードゥー、リズム&ブルースからレトロ・ソウルまで史上最多の音楽要素を飲み込んだ快心作に仕上がった。」(Beat Recordsより引用)

------------------------

キッカケは、そう。コマーシャル。
ちょっと前から話題の、ペプシ ネックスゼロ で使われてる曲。
といえば、分かりますね。

あのコマーシャル。映像もカッコいい!と思ったんだけど、一番気にいったのは音楽でした。

コレですね。

The Heavy - Same Ol'



他の曲では、もっとR&B色が強いのや、ファンキーなのがあったりして、
色んな顔を持っていそうです。

なんとなく、Vintage Trouble に似ている所も、無きにしも非ず。なんだけど…(^^;;

一度ちゃんと聴いてみたいバンドです。





NFL Super Bowl Halftime Show 2014

NFL Super Bowl Halftime Show 2014

Bruno Mars とスペシャルゲスト The Red Hot Chili Peppers



ハーフタイムでこんなの観れたらいいよね~

Brunoは4月に来日するんだけど、大阪はDeep Purpleと重なってるのよね。。
先にパープル取ってしまったので、ブルーノは断念。。
東京は既にSold Outらしい。
せめて、1日でも違ってたら、絶対行ったのに。。(´;ω;`)
残念すぎる。。
ホントに、身体が2つ欲しいと、真剣に思う~

仕方ないので、また来てくれることを願いながら。。。
You Yube で我慢します

でも、ライブ映像見てたら、ますます行きたくなる!(笑)


The Kennedy Center Honors

1978年から続く、米国の芸能分野で素晴らしい功績を残した人々に贈られる『ケネディ・センター名誉賞』

ミュージシャンだけでなく、俳優、女優、映画監督、コメディアンなど、様々なアーティストに贈られます。

2012年の受賞者は次のとおり。。
◦Buddy Guy
◦Dustin Hoffman
◦David Letterman(コメディアン&司会者)
◦Natalia Makarova(バレリーナ)
◦Led Zeppelin

歴代の受賞者もそうそうたる顔ぶれ。

この授賞式の面白いところは、受賞したミュージシャンの名曲を、彼らを尊敬してやまない、ゲストアーティストの人たちがパフォーマンスするところ。
しかも、ご本人の前で!
ゲストパフォーマーはショーが始まるまで徹底的に秘密にされるらしい。
なので、受賞者ご本人も始まるまで誰が演るのか知らない。。という状況なのですね。

この、「ゲストによるショー」が面白い。
絶対にここでしか見れない。

『有名なあの人のアノ曲を、有名なこの人が演る』
というシチュエーションが、この上なく大好きな私には、垂涎ものなのです。

ということで、いくつかお気に入りをご紹介。。

★2012年 Led Zeppelin
Heart featuring Jason Bonham on drums で「天国への階段」
これは、過去最高!くらいの感動です。
何度見ても鳥肌立ちます。特にギターソロあたりから。。。
ロバート・プラントも涙ぐんでる。。




★2012年 Buddy Guy
Beth Hart & Jeff Beck で「I'd Rather Go Blind 」 名曲ですな。。




★2010年 Paul McCartney
Steven Tyler で「Abbey Road Side 2 Medley 」 スティーブンはやっぱりスティーブン




★2005年 Tina Turner
Beyoncé で 「Proud Mary」 振りもバッチリ!




★2001年 Quincy Jones
これは圧巻。Stevie Wonder, Ray Charles, Patti Austin and James Ingram が一緒にやってる。
クインシー。。泣いてます。。





他にもいろいろあるけど、全部は載せられません(^^;

沢山のアーティストが他のアーティストのカバーをすることはよくあるけど、
ご本人の前で!というのはあんまりないんじゃないかな。。

見ているご本人の表情が皆さん印象的。
パフォーマーが出てきた時の、嬉しそうな顔ったら。。


名曲は誰が演っても名曲。
その名曲を 「誰が」 「どんな風に」 というのがとっても面白い。





ひたすらカッコイイ♥The Sons

FSLをやり始めて、今まで鍵盤無しのバンドってやって来なかったことに気づいた。
ピアノの音、オルガンの音、ストリングスの音。。。
大好きだし、常に一緒にあった。

FSLで初めてギターが前面に出るサウンドの中に身を置いた。
そして改めて気づいた、ギターのカッコ良さ。

只今、ハマっております
多分、知らない方の方が多いかも。。
ここで、知ってくださいね~

今一番大好き
The Sons(ダイジェスト版)


ギター&ボーカル:ichiroさん
ベース:鮫島秀樹さん
ドラム:Roger高橋さん

ichiroさん、とにかくカッコイイ
気さくやし
ichiroさんのHP⇒こちら
The SonsのHP⇒こちら

もうすぐThe Sonsツアー第2段が始まります
去年の大阪Liveも行きましたが、ツアー第2段、3月京都からスタートです。
もちろん行きます
完全に追っかけ状態です


おまけ
2010年ichiroソロツアーの金沢でのLIVE映像
Long Train Runningカバー


カッティングのキレが違う
なんてFunky
ソロがichiroさんになってます
ロックテイスト~
カッコイイです~~



Stereocaster

布袋さんとCharさんという日本を代表する2大ギタリスト競演による2006年リリースのシングル。
テレキャスターとストラトキャスターの爆発ギターバトル!

文句なしカッコイイです

プロフィール

kirara★Naomi

Author:kirara★Naomi
大阪を中心にヴォーカリストとして活動してます。
ベースとSAXも少々(^^)

★Off (ロックバンド)
★Blue Cheeze (アコギと歌の母子ユニット)
★The Pink Peach (サザンロックバンド)
★RAKUDA(AOR,Popsバンド)

その他単発でいろいろ。。で活動中!

音楽や映画、エンタメ大好き。
ジュエリーやGem Stoneなどの光り物も大好き。
わんこ達に癒されてます。

お気軽にコメント残してくださいね(^^)/

Liveの予定
2017年の予定です
★RAKUDA★
7月8日(土)
@Cassie's

★JJB Osaka★
8月12日(土)
@Silver Wings

★Sat826 Band★
8月26日(土)
@Cassie's

カテゴリ
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
リンク
カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR